月別アーカイブ: 2008年12月

天才の習性、Franklinの13徳から紐解く


カテゴリー: 豆知識 | 投稿日: | 投稿者: -->


米100Dollar紙幣に肖像が描かれているBenjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)。
Americaの政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者でもありました。
印刷業で成功後、政界に進出しAmerica独立に貢献。また、雷が電気であることを明らかにしたことでも有名。
彼は道徳的に完成された人間を目指し、独自に13の戒律を作成しました。
その「Franklinの13徳」から天才の習性を見出そうと思います。

1.節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
2.沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
3.規律 物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
4.決断 なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
5.節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
6.勤勉 時間を空費するなかれ。常に何か益あることに従い、無用の行いは総て断つべし。
7.誠実 詐りで人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保ち、口に出すのも然るべし。
8.正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
9.中庸 極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。
10.清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
11.平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
12.純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これに耽(ふけ)りて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
13.謙譲 イエスおよびソクラテスに見習うべし。

これらを1度に全部やるのではなく、1つ身につけたら次に移る、というように次々と13の徳を身につけます。
また、この順番どおり実践します。
そうすることで、無理なく習慣付けられるのだそうです。
この戒律、何だか過剰に道徳的では、と感じてしまうのは、私が非道徳的だからでしょうか。
参考:ベンジャミン・フランクリン

Christmas


カテゴリー: 豆知識 | 投稿日: | 投稿者: -->


Xmasなので、ベタに恋人との語らいのなかに使えそうな雑学をPick Up。
1.Xmas
 (1)Xmasとは、”Chirst”(キリスト)の “Mass”(ミサ・祭日)という意味
  キリストの誕生を祝うお祭りで、誕生日ではない
 (2)Xmas Cardは、喪中の人にも送っていい
 (3)外国では、Xmas Cardは12月10日前後までには交換し終わっている
 (4)俳句の季語で、外来語のカタカナ季語の第1号は「クリスマス」
 (5)雪が降ると、「White Xmas」。降らないと、「Green Xmas」
 (6)Xmas Cakeは不二家が最初
 (7).Xmas dessert 「bu^che de noe”l(ブッシュ・ド・ノエル)」という切り株の
  形をしたCakeの由来は、寒い国に住む貧しい青年が、恋人に贈るPresentさえ
  買えなかったために「せめて暖をとれるように」と薪の束を贈ったことから
 (8)玄関に飾る柊(ひいらぎ)のWreathe(リース)は、Chirstが十字架に架けられた時に
  被せられた冠に使われた葉
  そのトゲは、Chirstの受難を表して、西洋では魔除けの力があるとされている
 (9)Xmas Tree(樅(もみ)の木)は、Deutschlandの冬の森の中、樅の木だけは
  緑を絶やさずいきいきとしていることから、「永遠の命の象徴」とされて
  また、十字架のように広がった枝の形から「聖なる緑の木」といわれるようになり
  Xmasで広く使われるようになった
2.Santa Claus
 (1)Saint Nicholas(聖ニコラス)が由来
  Xmasのころ、Nicholasは貧しい街で、こどものいる家に窓から金貨を放り込んで歩いた
  ある家で、たまたま放り込んだ金貨が、暖炉のそばに干してあった靴下に入ったので
  煙突から入ってきて靴下にPresentを入れていく、という話しになった
 (2)DeutschlandのSanta Clausは双子
  ひとりはいい子にPresentを、ひとりは悪い子におしおきをする
 (3)Santa Claus Color(赤/白)はCoca-Colaの宣伝から始まった
  名目上は、赤は愛(キリストの血)、緑は永遠の命、白は純粋さ
 (4)3万円払えばホントにPresentをもらえる
  本場FinlandのSanta Clausが賞品を渡すServiceがある
3.Santa Claus試験
 (1)Samta Claus試験とは
  ①Greenland国際Santa Claus協会(本部はDenmark) で開催されている
  ②合格すると公認Santa Clausになれる
  ③Santa Clausの男女比は6:4
  ④毎年7月に、デンマークで世界Santa Claus会議があり、自宅からSantaの衣裳で
   向かわなければいけない
  ⑤日本人では、1998年にMambo MusicianのParadise山元が、日本でただ1人の
   公認Santa Clausとして認定
 (2)Santa Clausになる条件
  ①結婚をしていること
  ②子供がいること
  ③体重120kg以上であること(女性は除く)
4.Santa Claus試験内容
 (1)Santa Claus Speech
  ①自国の諸問題などに関してSanta Clausとして、180人ものSantaの前でSpeech
  ②Speechは、公用語である英語と協会のあるデンマーク語に限定されている
 (2)体力測定
  ①7月の炎天下に、Santaの正装である「帽子、白髪、顎髭、Jacket、ズボン
   Present袋」を着ての障害物競走
  ②Present袋を持って50m全力疾走したあと、梯子を使って煙突から家に侵入
  ③樅の木にPresentを置いてMilkとCookieを一気飲み
  ④その後は逆に煙突から這い出し、元の位置に戻るというものを制限時間2分でこなす
  ⑤女性Santaの場合は、2人1組になって毛糸の糸巻き競争
  ⑥服装も白髭にゆったりしたでかい服ではなく、Miniskirt着用が義務
 (3)体操
  ①「Tunakkay(トナカイ)の使い方」・「伝説のSanta Claus・朝の体操」を習得する
  ②煙突によじ登る/Santaの衣装にIronをかける/それを物干し竿にかける動作が
   折り込まれた体操
  ③Santa Clausに「伝説のSanta Claus体操をやって」と駆け寄るとやってくれる
 (4)発声試験
  「ほっほっほ」という挨拶。
  世界Santa Claus会議では、世界中のSanta約180人が一斉に「HoHoHo~」と叫ぶ
 (5)試験1:長老Santa Claus(450歳)との面接
  以上の試験を合格すると、Finland政府公認の「国際Santa Claus」として認められる
  Santaの正装中は「No Sex, No Alcohol, No Smoking」が義務

天才の習性、Edisonの名言から紐解く


カテゴリー: つぶやき | 投稿日: | 投稿者: -->


白熱電球の改良を代表される、1,300もの発明を行ったアメリカの発明王、Thomas Alva Edison(トーマス・アルヴァ・エジソン)。
彼は「メモ魔」であったことが知られています。
また、彼の名言で以下のものがあります。
Genius is one percent inspiration and 99 percent perspiration.
(天才とは、1%のひらめきと99%の汗である)
言い換えれば
1%のひらめきがなければ、99%の努力も無駄。
1%のひらめきさえあれば、99%の努力も苦にはならない。
このひらめきは突然やってきては一瞬のうちに消え去ってしまう。
そのため、EdisonはPenと紙を常時携帯し、思い浮かんだ瞬間には面倒くさがらずに書き留めていたそうです。
同じChanceは2度来ない。
そのChanceを生かす逃すは、メモ魔であるか否かが関係しているのではないだろうか。
これを機にメモを取るようにしましょう。おめーもな。
参考:トーマス・エジソン

愛されてお金持ちになる魔法の言葉


カテゴリー: 読書 | 投稿日: | 投稿者: -->


『愛されるだけじゃない。本物の恋には、人生を成功に導く力がある』という謳い文句のこの書籍『愛されてお金持ちになる魔法の言葉』。
女性向けの考え方紹介本であるのですが男性にも参考になるのではないだろうか。
以下にその要約を記載します。
1.前提条件
 (1)身も心も満たされた本当の幸せに必要なものとは
   →素敵な恋とたくさんのお金、自分の容姿への強い自信
 (2)自分を認めているから他人のことも認められる=自分を愛しているから人を愛せる
 (3)恋をすると頭が良くなる、健康になれる、心身ともに引き締まっていく
   Hormon(β-endorphin、Dopamine、SIgA)の影響。
 (4)人は誰しも、頭の中で考えているとおりの人生を歩む。だから夢を持つこと
2.思い込み
 (1)「私は世界で1番いい男である」と自分に宣言する。その理由をList化する。
    Listを毎日必ず1回は声に出して読え、憧れの人物になったつもりで考え行動する。
 (2)毎日鏡に映った自分を褒める。かっこいい、悪いは他人の「言葉」。自分で変える。
   最初は本心でなくてもいい。何度もしているうちに脳に新しい回路ができる。
 (3)理想の女性像をList-Upする。脳が自然と情報を選択し引き寄せるようになる。
 (4)理想の未来をできるだけ具体的に書き出し、いつも自分の脳に言い聞かせる。
 (5)脳は現実と想像の世界を区別しない。よいことはすべて言葉にして発する。
    Minusは一切口にしない。現状を否定することも禁句。
 (6)自分で自分を本気で褒める。
 (7)1日に何度も鏡を見て鏡に向かう時間を長くする。自分の顔がますます好きになる。
3.考え方
 (1)人生において「お金持ちでなくてもいい」という考え方を選ぶ理由なんてどこにもない。
 (2)大きな欲望があったから大きな成功をおさめることができる。
 (3)「自分の未来はこうなる」と言い切ったとき、その未来のImageが心に刻印される。
 (4)人間とは、4度の氷河期を乗り越え500万年の歴史を生き抜いてきた最強の遺伝子。
   どんな苦境も乗り越え、すべてうまくいく。
 (5)楽天家の3法則
  ①自分に起きることは、どんなことでも自分にPlusになることである
  ②自分に起きることは、すべて自分で解決できることである
  ③自分に起きた問題の解決策は、とほうもない方向からやってくる
 (6)必要なのは「絶対にお金持ちになる」と決めること。
   「どうやって」よりも手にしたときの「Image」が脳には大事。
 (7)「なぜ、これでいいのか」は考える必要はない。
   口に出してさえしまえばあとは脳が「これでよかった」という脳回路を形成する。
ひとことで言うと
理想をすべてList-Upして毎日口に出し、自分を洗脳する。あとはすべて脳が解決してくる
ということ。

天才の習性、10,000時間の法則から紐解く


カテゴリー: つぶやき | 投稿日: | 投稿者: -->


「10,000時間の法則」というものがあります。
ある物事に10,000時間費やすことでその分野の「天才」になれる、という法則です。
時間の根拠については触れませんが、一理はあると思います。
これを1日にどれくらい割り当てればいいか計算すると
 2年:10,000 / (2 x 365) = 13.7 時間
 5年:10,000 / (5 x 365) = 5.4 時間
 10年:10,000 / (10 x 365) = 2.7 時間
実現、大成させたいSkillがある場合、これを念頭に人生設計するのは有効かもしれません。
あれもやりたいしこれもやりたい私にとっては、痛恨の法則です。
好きこそ物の上手なれ。
天才の習性をひとことで言うならコレに尽きるのではないだろうか。(独断と偏見)
「学校の先生に必要な素養は、わかりやすく教えることではなく、楽しさを教えること」という理論と同じです。
好きで楽しめれば、それを継続できる。継続できれば勝手に実力が付く、という論法です。
加えて学習方法まで伝えられれば完璧です。
天才の定義を「常人を遥かに超えた能力を持った人」として、以下のことを実践すれば理論上実現できるのではないだろうか。
 「効率的・効果的」に「継続」する。
 (継続と効率性)
ただ闇雲に継続するのではなく、如何に効率的に向上することを継続するか。
たとえば、「1から100までの和」を計算をする際、ひとつひとつ計算していくのではなく、(1+100)×50と計算する、のような効率性です。
加えて前述した継続理論。
これらの原動力となるのが、「好き」とか「楽しむ」という考え方なのではないだろうか。
人生で得られるものは1つだけ。
天才になるかならないかは、人生を1点に集中するかしないかの違いではないだろうか。
優柔不断な人間にとっては、決断するのにさえ数年かかってしまいそうですが。
参照:あなたも「天才」になれる? 10000 時間積み上げの法則

社長の時間の使い方


カテゴリー: 読書 | 投稿日: | 投稿者: -->


書籍「社長の時間の使い方」。
『こんなに忙しいのに、なぜ儲からない?あらゆる社長の悩みに答える“時間効率バツグン”の仕事のやり方・進め方を大公開』という謳い文句だが、社長でもなくとも参考になる時間管理術に対する考え方伝授本。
要約は以下のとおり。
1.本の読み方(流れ)
 (1)この本から「どんな情報がほしいか」を定める→目的をまず設定する
 (2)著者Profileを見える→著者はどんな立場で何を訴えようとしているのか
 (3)目次を見る→ほしい情報のめぼしを付ける
 (4)1Pageずつめくって目的にあった((1)で定めた)記述を探す
 (5)目星を付けた箇所周辺をじっくり読む
 (6)気になったFlaseを書き留める→Outputすることではじめて自分の身になる
2.Essence
 (1)Idea=複数の既存概念の新しい組み合わせ(例:料理番組+対決=料理の鉄人)
   よって、できるだけ多くの情報をInputすることが重要
 (2)読書とは、著者が長い時間かけて得たEssenceを短い時間で学べる
   つまり、読書により多くの情報をInputすることがIdea生成に繋がる
3.やってみるべし
 (1)Deadlineを引くべし。時間内(15分・30分区切りとかで)にどこまでできるか
   →優先順位を考えるようになる
 (2)行動記録を詳しく付けてみるべし→無駄を見つけて、時間の有効活用を考える
 (3)土日は休むべし→土日は、結局ダラけて意味なし(効率悪し)
 (4)能動的なSchedulingをすべし(仮予定でも入れる→前もって予定を分散させられる)
 (5)すぐにIdeaを書き出せる環境を整えるべし(人間忘れやすい→自分宛にMailとか)
 (6)上記のようなことをまずやってみるべし→残ったもの(続いたもの)が自分にあったもの
ひとことで言えば
効率よくInputし、それをOuntputして、身に付いた知識を基にIdeaを生み出そう
ということ。
読みっぱなしはダメってことです。
このBlogを読んだ人はCommentというOutputをしないとダメってことです。

天才の要素、MI理論から紐解く


カテゴリー: 豆知識 | 投稿日: | 投稿者: -->


MI(Multiple Intelligences/多重知能)理論というものがあります。
Harvard大学教育学大学院教授で認知・教育学の第1人者であるHoward Gardner(ハワード・ガードナー)が提唱したものです。
知性の分野がわかりやすくまとめられているので、取り上げます。

1.言語的知性 文字・言葉を理解・記憶し、言葉を話し文字を書く知性
2.絵画的知性 絵画等の視覚対象の形態・Patternを理解・記憶し、絵画・図形を描く知性
3.空間的知性 モノの位置・速度・関係を知覚・記憶し、行動を組み立てる知性
4.論理数学的知性 数学的記号の理解とそれを論理的に操作する知性
5.音楽的知性 音楽について知覚・理解・記憶し、歌う・演奏する知性
6.身体運動的知性 からだの姿勢や運動の様子を知覚・記憶し、運動をControlする知性
7.社会的知性 人間関係等の社会関係を知覚・理解・記憶し、社会的行動を行なう知性
8.感情的知性 他者の感情、自分の感情を理解・記憶し、自分の感情をControlする知性

天才とは言ってもすべてを兼ね備えているわけではなく、どこかの分野に特化していると言えるのではないだろうか。
人間のつくりというのは、「総合点は皆同じで、どの分野にその要素が偏っているかによる違いだけ」という意見もあります。
Game三国志で言えば、新君主・新武将を作成する際の、武力・知力・魅力のうち、どれに力を配分するかといった感じです。
満遍なく配分すると全く使えない武将になるというアレを、今の会社の周りの人間に重ねずにはいられないのでした。
参照:Howard Gardner, multiple intelligences and education