bash (CVE-2014-6271)


カテゴリー: 脆弱性検証 | 投稿日: | 投稿者: -->

これはやばい気がするなぁ。
bashの処理の欠陥により、リモートから任意のコードを実行される脆弱性。

GNU Bash through 4.3 processes trailing strings after function definitions in the values of environment variables, which allows remote attackers to execute arbitrary code via a crafted environment, as demonstrated by vectors involving the ForceCommand feature in OpenSSH sshd, the mod_cgi and mod_cgid modules in the Apache HTTP Server, scripts executed by unspecified DHCP clients, and other situations in which setting the environment occurs across a privilege boundary from Bash execution, aka “ShellShock.” NOTE: the original fix for this issue was incorrect; CVE-2014-7169 has been assigned to cover the vulnerability that is still present after the incorrect fix.

http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2014-6271

やってみた。

本脆弱性を利用して、リモートからコマンド実行できるスクリプトをウェブサーバに設置して、任意のコマンド(今回は/etc/passwdの出力)の実行に成功。

実証に成功した環境は以下のとおり。
CentOS 5.8
bash-3.2-32.el5
httpd-2.2.3-65.el5.centos

対策は、最新のバージョンにアップデートする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です